ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • こどもの精神分析 2

  • こどもの精神分析 2

こどもの精神分析 2

  • 巻の書名
    クライン派による現代のこどもへのアプローチ
  • ページ数
    245p
  • ISBN
    978-4-7533-1044-9
  • 発売日
    2012年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 前作から6年,発達障害などの疾患分類が患者個人の病態理解に優先しがちな時代の趨勢の中で,日々の臨床を通じて,こどもと家族を取り巻く状況の変化を肌で感じてきた著者が,ときに自らの治療実践を語り,ときに絵本の世界にこどものこころの情景を重ねつつ,こどもの心的世界を精神分析的に探索する。

    今日,精神分析は臨床実践の現場で,さまざまな問題に直面しています。こどもの領域では,発達障害,そして保護者の養育不備を含む虐待のケースが増加し,思春期の領域では,ひきこもりなどの社会不適応,解離性障害やアスペルガー障害が,そして大人においては,新型うつ病と言われる現代的なうつ病が臨床現場に溢れています。これら現代のトピックを前にして,精神分析に何ができるのでしょうか。抑圧という機制が正常に機能しなくなりつつある現代において,精神分析は,投影同一化と否認を中心とする病態への適応を求められます。この機制は本来こどもに活発ですが,現代は大人の成熟を失いつつある時代です。こうした機制へのアプローチは,特にクライン派精神分析によるパーソナリティ障害や精神病の精神分析治療において,すでに洗練された理論となっています。現代においてはクライン派の臨床実践の重要性が増し,私たちの臨床での理解に大きな手がかりを与えてくれるのです。(「まえがき」より)
目次
まえがき
第1章 こどもの精神分析アセスメント
1.こどもの精神分析アセスメントの方法
2.こどもの精神分析アセスメントの実際

第2章 自閉スペクトラム障害への精神分析アプローチ
1.自閉スペクトラム障害と精神分析
2.自閉スペクトラム障害児の精神分析的精神療法
3.ウィニコットと自閉症──『子どもの治療相談面接』の「症例ボブ」より

第3章 被虐待児の精神分析
1.被虐待児の心性
2.被虐待児の精神分析

第4章 子育て支援と精神分析
1.精神分析理論による子育て支援
2.臨床実践における「精神分析と子育て支援」──マザーリング障害のある母親の心的リアリティ

第5章 自閉スペクトラム障害の発達と展開
1.自閉スペクトラム障害のこころの発達
2.アスペルガー障害の芸術──ヘンリー・ダーガーの精神分析的理解

第6章 こどものこころの情景──センダックの三部作より
1.『かいじゅうたちのいるところ』
2.『まよなかのだいどころ』
3.『まどのそとの そのまたむこう』
4.まとめ
参考/文献/あとがき/人名索引/事項索引

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • こどもの精神分析 2
  • こどもの精神分析 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中