ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 次の中国はなりふり構わない 「趙紫陽の政治改革案」起草者の証言

  • 次の中国はなりふり構わない 「趙紫陽の政治改革案」起草者の証言

ポイント倍率

次の中国はなりふり構わない 「趙紫陽の政治改革案」起草者の証言

  • 呉国光/著 廖建龍/訳 呉 国光()
    カナダ・ビクトリア大学中国研究及びアジア太平洋関係講座教授、政治と歴史の両学科の終身教授を兼任。中国山東省臨沂生まれ。1981年、北京大学卒業。中国社会科学院院長秘書、『人民日報』評論部を経て、86年、翌年の中共第13回党大会に提出する報告書のため、趙紫陽総理主導下の「政治体制改革研究チーム」に参加。「政治体制改革の全体的設計」起草の一人。天安門事件の起こる直前、89年4月出国、渡米留学。ハーバード大学とコロンビア大学のそれぞれのポスト・ドクター、香港中文大学の政治と行政学部副教授を経て現職

    廖 建龍()
    1952年、台湾より来日。59年東京大学卒業、同大大学院進学、農学博士。83年に日本国籍取得。日本企業の中国市場への進出に携わる。95年より台湾と中国の政治・経済の研究に従事

  • ISBN
    978-4-8191-1165-2
  • 発売日
    2012年06月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 天安門事件後16年にわたり自宅軟禁された趙紫陽元総書記。その政治改革チームの一員として実際の改革案を起草した著者は、中国における政治の手がつけられない現実を知った―自由経済と独裁政治の矛盾、その矛盾をかき消すための買収と囲い込み、弾圧、洗脳、結果としての超格差、これらを正当化するための対外膨張。日本と世界に大きな脅威を与えることになる次世代中国の「思考」が明らかになる。
目次
第1章 趙紫陽「改革」と中国の呪縛(〓(とう)小平と趙紫陽「改革」の根本的違い
どのような改革を進めたか ほか)
第2章 独裁のための政治的囲い込み戦略(表裏をなす経済自由化と専制政治
政治的買収と政治的囲い込み戦略 ほか)
第3章 経済発展と専制政治の矛盾(二〇〇一年で中国の改革は終結した
社会改革は行われたことがない ほか)
第4章 政治操作の手法と限界(安定維持に使う四つの手法
「鳥かご改革」の限界 ほか)第5章 趙紫陽「改革」と私(人民日報から党中央へ
怖いもの知らずの論壇デビュー ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 次の中国はなりふり構わない 「趙紫陽の政治改革案」起草者の証言
  • 次の中国はなりふり構わない 「趙紫陽の政治改革案」起草者の証言

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中