ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 村山富市回顧録

  • 村山富市回顧録

ポイント倍率

村山富市回顧録

  • 村山富市/〔述〕 薬師寺克行/編 薬師寺 克行
    1955年岡山県生まれ。東洋大学社会学部教授。東京大学文学部を卒業し、朝日新聞社に入社。主に政治部で国内政治や日本外交を担当。村山内閣当時は首相官邸クラブキャップ。政治部次長、論説委員、月刊誌『論座』編集長、政治部長、編集委員などを経て2011年に退社し現職に。この間、京都大学客員教授、学習院大学特別客員教授などを務める。専門は現代政治論、政治過程論

  • ページ数
    281,5p
  • ISBN
    978-4-00-002227-9
  • 発売日
    2012年05月

2,700 (税込:2,916

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 成田三原則、構造改革論争、社会主義協会派騒動、新党問題…。その誕生から常に抗争を内部に孕んでいた社会党。その最後の瞬間に委員長として立ち会った元首相は何をみたのか。なぜ山をも動かした社会党が低迷してしまったのか、当時を赤裸々に語る。
目次
第1章 国会議員への道のり
第2章 派閥全盛時代の社会党
第3章 国会のひのき舞台で
第4章 非自民政権の挫折
第5章 混迷、そして崩壊へ―社会党新党問題
第6章 「村山談話」「阪神大震災」「米軍基地問題」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 村山富市回顧録
  • 村山富市回顧録

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中