ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ローマの休日 (大活字英文版名作シリーズ)

  • ローマの休日 (大活字英文版名作シリーズ)

ローマの休日 (大活字英文版名作シリーズ)

  • イアン・マクレラン・ハンター/著 ハンター,イアン・マクレラン()
    1915‐1991。イギリス生まれの脚本家。映画化された『ローマの休日』が、主演のオードリー・ヘップバーンが最優秀主演女優賞をとるなど注目され、ハンターにも最優秀脚本賞が与えられた。だが、実は名義をアメリカ人脚本家のダルトン・トランボに貸しただけという事実が後に判明した。他に20本ほどの脚本を発表しているが、『ローマの休日』ほどのヒットには恵まれなかった

  • シリーズ名
    やさしい英語を大きな文字で大活字英文版名作シリーズ
  • ページ数
    124p
  • ISBN
    978-4-7946-0138-4
  • 発売日
    2012年05月

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 王女と新聞記者の、ローマを舞台にした一日だけの恋物語。日々の公務で窮屈な生活を送る王女アンが新聞記者のジョーと出会い、スペイン階段、真実の口など、ローマの観光スポットをまわり休日を満喫する。新人女優であったオードリー・ヘップバーンがアン王女を演じ、映画は大ヒットを記録した。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

永遠に忘れられない、あのシーンをもう一度。映画『ローマの休日』の完全ノベライズ
王家の世継ぎアン王女のヨーロッパ親善旅行の最後の訪問地は、永遠の都ローマ。19歳の王女の愛くるしい微笑みは、見る者すべてをとりこにした。けれども本当は、王女はすっかり退屈していた。こんな毎日、なんてつまらないの。わたしだってパジャマを着て寝たり、カフェでお茶を飲んだり、ベスパをふたり乗りしたいのに…。かくして王女は夜のローマの街へと抜け出した。地図もお財布も持たずに。銀幕の妖精オードリー・ヘップバーンの記念すべきデビュー作を完全小説化。

ページの先頭へ

閉じる

  • ローマの休日 (大活字英文版名作シリーズ)
  • ローマの休日 (大活字英文版名作シリーズ)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中