ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アンリ・ヴァン・ド・ヴェルド自伝

  • アンリ・ヴァン・ド・ヴェルド自伝

アンリ・ヴァン・ド・ヴェルド自伝

  • アンリ・ヴァン・ド・ヴェルド/〔著〕 小幡一/訳 ヴァン・ド・ヴェルド,アンリ(Van De Velde,Henry)
    画家、インテリアデザイナー、建築家、美学者。1863年、ベルギーの港町アントウェルペンに生まれる。画家を志して王立芸術アカデミーに学び、パリに遊学。1888年、ブリュッセルの前衛芸術家集団「レ・ヴァン」のメンバーに選出され、新印象主義と出会う。1892‐93年、最初の工芸作品「天使の見守り」によって画家から工芸家へと転身。芸術アカデミーの講義をもち、教育者としての活動がはじまる。1894年、自邸「ブルーメンウェルフ」をブリュッセル郊外に設計し、はじめて建築を手がける

    小幡 一
    1949年岡山県生まれ。ドイツ・ダルムシュタット工科大学にてドイツ近代建築史を研究し、日本大学にて工学博士を取得。一級建築士事務所・オバタ建築設計室主宰

  • ページ数
    593,36p
  • ISBN
    978-4-306-04571-2
  • 発売日
    2012年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

8,500 (税込:9,180

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • モダンデザインの青春と事件を証言する大回顧録、待望の邦訳。アール・ヌーヴォーを生み、バウハウス設立を導いた巨人の悲喜劇と信念。五五〇名の登場人物が織りなす壮大なドラマは、臨場感あふれるモダンデザイン創世記。
目次
幼少年時代
画家としてアントウェルペンからパリへ
ふたたびベルギーへ―困難と危機
芸術家としての使命
一八九七年―ドレスデンとベルリン
初期の反響―広がる仕事の領域
ブリュッセルとベルリンの間で
ベルリンの世紀末
ワイマールその一―創造の絶頂期へ
ワイマールその二―決定的な仕事と事件〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Geschichte meines Lebens

ページの先頭へ

閉じる

  • アンリ・ヴァン・ド・ヴェルド自伝
  • アンリ・ヴァン・ド・ヴェルド自伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中