ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 中央ユーラシア環境史 2 国境の出現

  • 中央ユーラシア環境史 2 国境の出現

中央ユーラシア環境史 2 国境の出現

  • 窪田順平/監修 窪田 順平
    総合地球環境学研究所准教授

    承 志()
    総合地球環境学研究所上級研究員

  • 巻の書名
    国境の出現
  • 巻の著者名
    承志/編
  • ISBN
    978-4-653-04192-4
  • 発売日
    2012年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 総合地球環境学研究所「イリプロジェクト」の研究成果を書籍化。過去1000年間の環境と人々の関わりを、分野を越えた新たな視点から明らかにし、未来につながる智恵を探る。
目次
第1章 帝国支配と国境の誕生(イリ地域をめぐる帝国の興亡と国境の誕生―ユーラシアの中心から辺境へ
中央ユーラシアにおける「国境」の誕生と遊牧の実態)
第2章 小氷期と遊牧集団の移動・適応(十七世紀ユーラシアにおけるモンゴル遊牧集団―社会と環境
歴史の中のカザフの遊牧と移動)
第3章 農業大開発と移民社会の形成(清朝時代におけるイリ渓谷の農業開発
イリ九城点描―都市・住民・環境)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 中央ユーラシア環境史 2 国境の出現
  • 中央ユーラシア環境史 2 国境の出現

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中