ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 内村鑑三の人と思想

  • 内村鑑三の人と思想

内村鑑三の人と思想

  • 鈴木範久/著 鈴木 範久
    1935年生まれ。専攻は日本宗教史。立教大学名誉教授

  • ページ数
    301p
  • ISBN
    978-4-00-022223-5
  • 発売日
    2012年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 内村鑑三の波瀾の生涯を、忠実かつ綿密に再現する。「キリスト愛国」の理想とその挫折、一高不敬事件後の孤立と貧困のただ中でつかんだ新しい世界観、義戦論から不戦論への転換と、晩年の宇宙的終末思想…難問に直面して逃げることなく、常に究め続けた生の軌跡を描く。
目次
序章 維新変革と二生
第1章 日本のキリスト教文明化(神々の衝突
札幌農学校のキリスト教
札幌教会の設立
共同体の破綻
エルウィンの施設体験
アマスト大学生活
キリスト教国の決算)
第2章 世界の中の日本(キリスト愛国と不敬事件
挫折と慰め
日本と日本人
日本の改革
義戦と非戦
隠者と植樹)
第3章 宇宙完成の祈り(世界の危機
再臨思想と再臨運動
万物の復興と宇宙の完成)
終章に代えて 「心の灯台内村鑑三」の意味

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 内村鑑三の人と思想
  • 内村鑑三の人と思想

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中