ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • パーディタ メアリ・ロビンソンの生涯

  • パーディタ メアリ・ロビンソンの生涯

ポイント倍率

パーディタ メアリ・ロビンソンの生涯

  • ポーラ・バーン/著 桑子利男/訳 時実早苗/訳 正岡和恵/訳 バーン,ポーラ(Byrne,Paula)
    1967年、イギリス北西部の港湾都市バーケンヘッドに、労働者階級の大家族の三女として生まれる。カレッジで英語と神学を学んだ後、グラマー・スクールや公立カレッジで教え、リヴァプール大学で英文学の修士号と博士号を取得する。その後作家として文筆活動を開始。『パーディタ―メアリ・ロビンソンの生涯』(2005年)で、『サンデイ・タイムズ』紙のベストセラー上位一〇作に選ばれ、権威あるサミュエル・ジョンソン賞の候補にもなった

    桑子 利男
    東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。早稲田大学教育学部教授

    時実 早苗
    東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。筑波大学文学博士。千葉大学文学部教授

    正岡 和恵
    東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。成蹊大学文学部教授

  • ページ数
    621p 図版16p
  • ISBN
    978-4-86182-374-9
  • 発売日
    2012年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 18世紀末の社交界を震撼させたスキャンダラスなセレブにして高名な女流文人の波瀾万丈の生涯。尋常ならざる美貌と文学的才能に恵まれた希有な女性の波瀾万丈の生涯をよみがえらせ、詩人として再評価し文学史上に位置づける。
目次
第1部 女優(「嵐の晩に」
若き乙女、世に出る
ウェールズ
不義
債務者監獄
ドルーリー・レイン劇場
引く手あまたの女)
第2部 有名人(フロリゼルとパーディタ
まことに公然たる情事
恋敵たち
恐喝
パーディタとマリー・アントワネット
アトリエでの出会い
趣味を司る女祭司
ドーヴァーへの追跡
政治)
第3部 女流文学者(亡命
ラウラ・マリア
阿片
作家
無名の人
急進派
フェミニスト
リリカル・テイルズ
「小さくとも輝かしい仲間」)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:Perdita
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • パーディタ メアリ・ロビンソンの生涯
  • パーディタ メアリ・ロビンソンの生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中