ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 微生物生態学への招待 森をめぐるミクロな世界

  • 微生物生態学への招待 森をめぐるミクロな世界

微生物生態学への招待 森をめぐるミクロな世界

  • ISBN
    978-4-87698-597-5
  • 発売日
    2012年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,180

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 植物を内から外から巧みに利用する、したたかな森の掃除屋。昆虫に乗って旅をし、時には大きな木をも枯らす森の殺し屋。ダーウィンがミミズに着目して土の中の生態学を切り拓いたように、菌類や線虫などなかなか見ることが難しい微小な生き物たちに焦点を当て、かれらが大きな動物や植物など「目立つ」生物に負けないくらい大切な役割を担っていることを明らかにする。森を舞台にした生き物たちの関わり合い、それをつなぐロープそのものともいえる微小生物たちのおりなすミクロな世界を濃密に描き出す。
目次
第1部 森の菌類―微小な菌の見逃せない生態(マツ針葉の内生菌―見えざる共生者
ともに旅する樹木とキノコ―ゴヨウマツとともに生きるベニハナイグチの自然史 ほか)
第2部 線虫たち―小さくても個性派です(昆虫嗜好性線虫の生活―進化も生態も媒介昆虫が決めている?
キノコと昆虫を利用する線虫たち ほか)
第3部 マツ枯れ―生き物たちのややこしい関係(敵か味方か相棒か―マツノザイセンチュウ‐菌‐カミキリムシ間相互作用
環境激変―マツが枯れるとマツノザイセンチュウを取り巻く生物相も大騒動 ほか)
第4部 ナラ枯れ―病気を森にまき散らす昆虫(探索は闇雲じゃなく精確に―微小な昆虫による宿主木の探し方
親子二世代の連係プレー―木屑が語る坑道の中の社会的な生活 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 微生物生態学への招待 森をめぐるミクロな世界
  • 微生物生態学への招待 森をめぐるミクロな世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中