ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • これから100年放射能と付き合うために

  • これから100年放射能と付き合うために

これから100年放射能と付き合うために

  • 菅谷昭/著 菅谷 昭
    松本市長・医師。1943年長野県生まれ。信州大学医学部卒業後、甲状腺疾患の専門医として活躍。1996年に信州大学を辞めて、チェルノブイリ原発事故の医療支援活動のため、ベラルーシ共和国に渡る。首都ミンスクの国立甲状腺がんセンター、高度汚染地域のゴメリの州立がんセンター等で、小児甲状腺がんの外科治療を中心に、5年半の医療支援活動を行った。帰国後、2004年から長野県松本市の市長に就任。チェルノブイリ原発事故の現状を踏まえながら、NPO法人「チェルノブイリ医療基金」の活動とともに、さまざまな提言を松本から発している

  • ISBN
    978-4-7505-1204-4
  • 発売日
    2012年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

952 (税込:1,047.20

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 放射線汚染について、現状の把握や今から自分たち一人ひとりでできることとは?(社会図書総目録より)
目次
1章 現状を把握しましょう(今回の事故でどれくらいの放射性物質が放出されたのでしょうか。
あらためて、外部被ばくと内部被ばくの違いについて教えてください。
上空から放射線量をモニタリングしたデータは、信頼できますか。 ほか)
2章 いまからできる防護策―食・除染・生活(日本の食品の暫定規制値はベラルーシなどに比べてゆるすぎないでしょうか。
子どもには汚染されていない食品を食べさせたほうがいいのでしょうか?
牛肉から高濃度のセシウムが検出されました。豚や鶏や卵は大丈夫ですか? ほか)
3章 松本市の取り組みについて(チェルノブイリと比較し、どれくらいの範囲で避難が必要だと考えますか?
松本市は被災地からの人を受け入れていますか?
そのほか、松本市が実践している取り組みを教えてください。 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • これから100年放射能と付き合うために
  • これから100年放射能と付き合うために

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中