ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 一寸待て、神は愛なり 城ノブ物語 伝道師から社会福祉事業の道へ

  • 一寸待て、神は愛なり 城ノブ物語 伝道師から社会福祉事業の道へ

一寸待て、神は愛なり 城ノブ物語 伝道師から社会福祉事業の道へ

  • 澤美晴/著 澤 美晴
    姫路市六角寺澤方。1938年神戸市生まれ。1945年姫路市へ、現在に至る。1953~1963年日ノ本学園中・高等部、兵庫県立姫路短期大学、仏教大学を卒業。1972~1998年姫路市内の小・中学校、支援学校などに勤務(うち3年間、文部省在外教育施設派遣教員としてオランダ日本人学校に勤務)、定年退職。2002年兵庫県立大学環境人間学部研究科へ社会人入学。岡田真美子教授の下で「社会事業家城ノブ―活動とキリスト教精神」をテーマに研究を開始

  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-343-00667-7
  • 発売日
    2012年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 城ノブ(明治5年(1872)~昭和34年(1959))の生涯は、生きる意欲を失っている人々に朝の陽光の如く希望を見出し、前進できるよう励まし、祈り続けた。その精神は、現・社会福祉法人「神戸婦人同情会」としての多くの事業に継承されている。
目次
序文 与えて思わず受けて忘れず―城先生の下で(市野瀬翠)
プロローグ ノブ先生に会う
1 母・美好が城ノブに出会うまで
2 城ノブの足跡を追って
3 キリスト教伝道師から社会事業家へ
エピローグ 「与えて思わず受けて忘れず」
参考資料 ひとすじの道―城ノブ(兵庫県道徳副読本・中学校『心かがやく』より)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 一寸待て、神は愛なり 城ノブ物語 伝道師から社会福祉事業の道へ
  • 一寸待て、神は愛なり 城ノブ物語 伝道師から社会福祉事業の道へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中