ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ひろさちやの『維摩経』講話

  • ひろさちやの『維摩経』講話

ひろさちやの『維摩経』講話

  • ひろさちや/著 ひろ さちや
    1936年、大阪市に生まれる。東京大学文学部印度哲学科卒業。同大学院人文科学研究科印度哲学専攻博士課程中退。気象大学校教授を経て、現在、仏教・インド思想の研究、執筆等に幅広く活躍。仏教を、一般の人々に平易な言葉で身近な物として伝えている

  • ISBN
    978-4-393-13552-5
  • 発売日
    2012年02月

2,000 (税込:2,160

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 快刀乱麻に並み居る菩薩・仏弟子を論破する維摩居士に仏教の教えを学ぶ。壮大なスケールの『維摩経』が伝える「真の仏教」の姿とは。
目次
小乗仏教から大乗仏教へ
仏国土の建立―仏国品第一
方便としての病気―方便品第二
だらしがない比丘たち―弟子品第三
菩薩もたじたじ―菩薩品第四
病気を見舞う―問疾品第五
不可思議のこと―不思議品第六
天女と舎利弗の対話―観衆生品第七
仏道の歩み方―仏道品
「不二」の教えへの入口―入不二法門品
食事の奇蹟―香積品
菩薩の生き方―菩薩行品
維摩居士の故郷―見阿〓(しゅく)仏品
仏を供養する方法―法供養品
後生に伝えよ―嘱累品
付録『維摩詰所説教』

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ひろさちやの『維摩経』講話
  • ひろさちやの『維摩経』講話

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中