ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • キレイならいいのか ビューティ・バイアス

  • キレイならいいのか ビューティ・バイアス

キレイならいいのか ビューティ・バイアス

  • デボラ L.ロード/著 栗原泉/訳 ロード,デボラ・L.(Rhode,Deborah L.)
    スタンフォード大学法科大学院アーネスト W.マクファーランド冠教授。法曹倫理と専門職責任の分野における第一人者の一人。法曹界の規制や改革に関する著作が多く、法曹倫理で最も多く引用される研究者である。また、女性の法的地位およびフェミニズム法律学の研究者としても知られ、「アメリカ法曹協会(ABA)女性法律家委員会」委員長および「スタンフォード大学女性とジェンダー研究所」所長を務めている。「アメリカ・ロースクール協会」の前代表でもある

    栗原 泉
    翻訳者

  • ページ数
    294p
  • ISBN
    978-4-7505-1203-7
  • 発売日
    2012年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「容姿による差別」はいかに起こるのか。(社会図書総目録より)
目次
第1章 些末なことが大事なこと―女たちが支払っている代償
第2章 容姿の重要性と、ひとをマネる代償
第3章 美の追求は割に合う?
第4章 際限のない批判合戦
第5章 外見で人を判断するな―不当な差別
第6章 新しく作るか、あるものを使うか―法の枠組み
第7章 改革に向けての戦略

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:The Beauty Bias
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • キレイならいいのか ビューティ・バイアス
  • キレイならいいのか ビューティ・バイアス

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中