ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 三毛猫ホームズの探偵日記

  • 三毛猫ホームズの探偵日記

ポイント倍率

三毛猫ホームズの探偵日記

  • 赤川次郎/作 椋本夏夜/絵 赤川 次郎
    1948年福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1977年、初めての単行本、長編の第一作『死者の学園祭』を刊行。作品が映画化されるなど、続々とベストセラーを刊行。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞

    椋本 夏夜
    イラストレーター。ライトノベル、漫画、ゲームのキャラクターデザインなど幅広く活躍中『三毛猫ホームズの探偵日記』が児童書初作品

  • シリーズ名
    角川つばさ文庫 Bあ1-4
  • ISBN
    978-4-04-631230-3
  • 発売日
    2012年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

600 (税込:648

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 刑事なのに、血と高い所(と女の人)が大の苦手の片山義太郎。本当はこんな仕事やめたいと思っているのだが、恋より事件が大好きな妹・晴美と、人間よりも頼りになる天才名探偵猫・ホームズの三人(?)がそろうと、必ず難事件に巻きこまれてしまう!?そこに自称「晴美の恋人」石津刑事も加わって、本日もホームズご一行は、謎解きで大いそがし。スリルと笑いがいっぱいつまった、超メガヒットミステリー。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 18cm
対象年齢 小学56年生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

赤川次郎さんの作品の中でも人気のあるシリーズです。子どもの時、読んだなー、角川つばさ文庫でも出ているんだなと思い手に取りました。こちらは子ども向きにルビがふられています。小学生の中学年くらいから読めるかな?シリーズがたくさんあるので事件内容のほうは未読なのか忘れているだけなのか覚えがありませんでしたが、キャラクターは懐かしい!と素直に思えました。女性が苦手な刑事 片山義太郎、その妹 晴美、頼りになる飼い猫 ホームズ、晴美に夢中な石津刑事たちのドタバタコメディミステリーです。(みちんさんさん 30代・愛知県 女の子4歳、女の子2歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 三毛猫ホームズの探偵日記
  • 三毛猫ホームズの探偵日記

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中