ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • リヒャルト・ハイゼ物語 白虎隊の丘に眠る或るドイツ人の半生

  • リヒャルト・ハイゼ物語 白虎隊の丘に眠る或るドイツ人の半生

リヒャルト・ハイゼ物語 白虎隊の丘に眠る或るドイツ人の半生

  • 瀬野文教/著 瀬野 文教
    翻訳家・作家。1955年東京生まれ。北海道大学独文科修士課程卒。DAAD(ドイツ学術交流会)給費生としてケルン大学に留学。現在はドイツ語塾トニオ・クレーガーを経営

  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-12-004346-8
  • 発売日
    2012年03月

1,900 (税込:2,052

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明治35年、ドイツ語教師として来日した“お雇い外国人”はなぜ、白虎隊自刃の地に埋葬されることを強く望んだのか…!?北里柴三郎、福田徳三らと親交を結び、左右田喜一郎はじめ数多くの俊英を教え子とした、無名のドイツ人の数奇な足跡を克明に綴る。
目次
第1章 青春彷徨(キール・複雑な土地柄
予備役将校への道 ほか)
第2章 白虎隊の丘(来日のいきさつ・商法講習所(一橋大学のはじまり)
エミリオ・ビンダ―日本人の語学力 ほか)
第3章 混沌への不安(軽井沢
日光・和田ヨシ ほか)
第4章 日本への郷愁(帰国
ラインベク ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • リヒャルト・ハイゼ物語 白虎隊の丘に眠る或るドイツ人の半生
  • リヒャルト・ハイゼ物語 白虎隊の丘に眠る或るドイツ人の半生

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中