ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • カストロ家の真実 CIAに協力した妹が語るフィデルとラウール

  • カストロ家の真実 CIAに協力した妹が語るフィデルとラウール

カストロ家の真実 CIAに協力した妹が語るフィデルとラウール

  • フアーナ・カストロ/著 伊高浩昭/訳 マリーア=アントニエタ・コリンズ/インタビュー・構成 カストロ,フアーナ(Castro,Juana)
    フアーナ・カストロ=ルス。1933年5月6日キューバ・オルギン州マヤリー市ビラーン生まれ。カストロ7人きょうだいの5番目(二女)。愛称フアニータ。フィデル、ラウールの両兄の革命運動と革命戦争を支援したが、革命政権の共産化を嫌い反対制派の支援に回り、61年CIAの協力者となる。64年出国し、65年からマイアミ在住。73~2007年薬局を運営した

    伊高 浩昭
    1943年東京生まれ。ジャーナリスト。元共同通信記者。67年からラテンアメリカ全域を取材。05年から立教大学ラテンアメリカ研究所「現代ラ米情勢」講座講師

    コリンズ,マリーア=アントニエタ(Collins,Mar´ia Antonieta)
    1952年5月12日メキシコ・ベラクルス州コアツァコアルコス市生まれ。主としてテレビジャーナリスト。74年メキシコのテレビ放送「テレビサ」入社、ハコボ・サブルドフスキのニュース番組に配属。79~84年同社ロサンジェルス通信員。その後、米国のウニビシオン、次いでテレムンドの両スペイン語テレビ放送に勤務。メキシコ市とマイアミの新聞のコラムニスト。マイアミ在住

  • ページ数
    490p 図版16p
  • ISBN
    978-4-12-004342-0
  • 発売日
    2012年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,300 (税込:3,564

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 実妹が体制内の造反と家族間の確執を証言。幼少期からのカストロ兄弟の“実像”を活写、神話化された“ゲバラ像”に異議を唱える。キューバ革命の裏側がわかる衝撃の告白録。
目次
故郷への帰還
私たちの出自
母リーナと父アンヘル
あー、ビラーン、哀れなビラーンよ
子供七人のいる家族
それが何で悪いの?
フィデルと激烈な歳月
フィデルが結婚し卒業し、父は幸せだった
孫たちの出現
歴史は始まる〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:FIDEL Y RAUL,MIS HERMANOS
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • カストロ家の真実 CIAに協力した妹が語るフィデルとラウール
  • カストロ家の真実 CIAに協力した妹が語るフィデルとラウール

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中