ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 榎本健一 喜劇こそわが命

  • 榎本健一 喜劇こそわが命

ポイント倍率

榎本健一 喜劇こそわが命

  • 榎本健一/著 榎本 健一
    1904~1970。東京都生まれ。喜劇俳優、歌手。浅草オペラの柳田貞一に弟子入りし初舞台を踏むが、関東大震災で浅草を離れた後、喜劇の世界へ。その軽妙な動きと愛嬌のある表情で、一躍人気者に。エノケンの愛称とともに、「日本の喜劇王」と呼ばれ、大衆に愛された。オペラで培った音楽センスと独特なギャグの数々、テンポのよさで、新感覚の喜劇を作り上げた。脱疽による右足切断、一人息子の死、離婚など、私生活では不幸なことも多かった

  • シリーズ名
    人間の記録 182
  • ページ数
    210p
  • ISBN
    978-4-284-70057-3
  • 発売日
    2012年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 喜劇俳優、歌手。その軽妙な動きと愛嬌のある表情で、一躍人気者に。エノケンの愛称とともに、大衆に愛された。
目次
第1部 歩んだ道(生れた頃
悪戯っ子
腕白小僧 ほか)
第2部 想い出(地方公演
名古屋コーチン
酒 ほか)
第3部 悲しみと喜び(終戦
足の病気と手術
喜劇人協会設立 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 榎本健一 喜劇こそわが命
  • 榎本健一 喜劇こそわが命

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中