ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 埴谷雄高 影絵の世界

  • 埴谷雄高 影絵の世界

ポイント倍率

埴谷雄高 影絵の世界

  • 埴谷雄高/著 埴谷 雄高
    1910~1997。台湾生まれ。小説家・評論家。本名・般若豊。大学入学後アナーキズムの影響を受け、共産党に入党。農民運動に関わり検挙され、形式的な転向によって出獄。平野謙らと「近代文学」を創刊し、存在の秘密や大宇宙について語る形而上学的大長篇小説『死霊』を連載する。評論家としてはスターリニズム批判をし、60年安保世代に影響を与える。ドストエフスキーに多大な影響を受け、多くのドストエフスキー論も執筆した

  • シリーズ名
    人間の記録 181
  • ページ数
    246p
  • ISBN
    978-4-284-70056-6
  • 発売日
    2012年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 小説家・評論家。本名・般若豊。平野謙らと「近代文学」を創刊し大長篇小説『死霊』を連載する。
目次
魂の同質性
ロシア的雰囲気
オブローモフとペチョーリンとムィシュキンと“主義者”
ニヒリズムの容器
反抗の“夜”と“昼”―アナキズムとコンミュニズム
“政治への没入”の時代
灰色の壁
さかさまになった夜と昼―無職業の時代
戦争のなかの顔
検挙と数冊の本

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 埴谷雄高 影絵の世界
  • 埴谷雄高 影絵の世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中