ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 啄木新しき明日の考察

  • 啄木新しき明日の考察

啄木新しき明日の考察

  • 池田功/著 池田 功
    1957年新潟県生まれ。明治大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。韓国・東国大学校招聘特別専任講師、ドイツ・フライブルク大学及びボン大学日本文化研究所客員研究員を経る。現在、明治大学政治経済学部教授、同大学院教養デザイン研究科兼任講師、文学博士、国際啄木学会副会長

  • ページ数
    189p
  • ISBN
    978-4-406-05567-3
  • 発売日
    2012年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,900 (税込:2,052

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 時代閉塞を撃つ「革命」という希望。創作と成長の秘密に迫る画期的評論。
目次
はじめに(3.11以後の明日の希望
繰り返される「時代閉塞の現状」 ほか)
1 労働と文学との葛藤―天職観の反転(『学問のすゝめ』に反する生き方
人間を作ることが教育の目的 ほか)
2 『一握の砂』―「海」のイメージの反転と反復(三陸大津波を連想
南三陸沿岸への修学旅行 ほか)
3 日韓併合に抗する歌―亡国の認識(敵将やテロリストへの憐憫の情
テロリストの悲しき心 ほか)
4 「時代閉塞の現状」―社会進化論の受容と批判(社会進化論(社会ダーウィニズム)の流行
幸徳秋水の進化論受容 ほか)
5 辛亥革命という希望―啄木の中国観(辛亥革命への関心
新聞報道の辛亥革命 ほか)
おわりに(啄木の東北振興策
盛岡人への檄 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 啄木新しき明日の考察
  • 啄木新しき明日の考察

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中