ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか?

  • 人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか?

人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか?

  • カレル・ヴァン・ウォルフレン/〔著〕 井上実/訳 ウォルフレン,カレル・ヴァン(Wolferen,Karel van)
    ジャーナリスト、アムステルダム大学名誉教授。1941年、オランダ・ロッテルダム生まれ。72年よりオランダ「NRCハンデルスブラット」紙の東アジア特派員、82年より日本外国特派員協会会長を務め、「フォーリン・アフェアーズ」誌、「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」紙などに寄稿している

    井上 実
    翻訳家(英語・中国語)。早稲田大学法学部卒。英字新聞記者を経て中国留学。その後、大連大学東北史研究センター研究員となり、中国東北地域の現代史を研究

  • シリーズ名
    角川文庫 ウ23-1
  • ページ数
    234p
  • ISBN
    978-4-04-100258-2
  • 発売日
    2012年03月

629 (税込:679

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「人物破壊」というキーワードから、政治家・小沢一郎を巡る騒動の背景に国家を支配する非公式権力の姿が浮かび上がる。検察とマスコミによる異分子の抹殺、民主主義を揺るがす日本型スキャンダルの罪、戦後日米関係を左右する密約の正体とは?日本の権力構造を見つめ続けるオランダ人ジャーナリストが「画策者なき陰謀」の正体を喝破した問題書。改題し、小沢一郎と著者の公開対談、震災後を論じた序文を新たに収録。
目次
第1章 「人物破壊」にさらされる小沢一郎
第2章 霞が関というシステムの起源
第3章 日本型スキャンダルの残酷と混沌
第4章 “政治的現実”と日本のメディア
第5章 戦後日米関係という病理
終章 国家主権、オザワ、システムの欺瞞

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:The Character Assassination of Ozawa Ichiro
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか?
  • 人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中