ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 領域権原論 領域支配の実効性と正当性

  • 領域権原論 領域支配の実効性と正当性

領域権原論 領域支配の実効性と正当性

  • 許淑娟/著 許 淑娟()
    1974年京都生まれ。1998年韓国国立ソウル大学法学部卒業。2000年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。2003年Harvard Law Schoolで修士号取得。2007年東京大学大学院法学政治学研究科博士号取得(法学博士)。2008年東京大学公共政策大学院特任講師。現在、立教大学法学部准教授

  • ISBN
    978-4-13-036143-9
  • 発売日
    2012年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

8,800 (税込:9,680

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国民国家の根源である領域支配を正当化する領域権原を歴史的に再考し、その法的構成の多層的な基盤を考察する。
目次
序論
第1章 取得されるべき客体としての領域主権―様式論(様式論の特徴―ローターパクトの議論を手がかりとして
原始取得の法理―様式論の生成
「無主地」概念の発明―様式論の基盤と限界)
第2章 行使することで取得される領域主権―「主権の表示」アプローチ(新しい領域法?―実務家の法、学者の法
「主権の表示」概念―パルマス島事件仲裁裁定
「主権の表示」の意義とその継承)
第3章 「合意」に基づく領域主権―ウティ・ポシディーティス原則とeffectivit´es(領域法への挑戦―脱植民地化と新独立国家における領域権原
effectivit´es概念の沿革―ブルキナファソ=マリ事件パラダイム
国際裁判におけるeffectivit´es概念援用の意義
「植民地独立以降」における領域権原の基盤構造)
結語

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 領域権原論 領域支配の実効性と正当性
  • 領域権原論 領域支配の実効性と正当性

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中