ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ポピュラー音楽と資本主義 増補

  • ポピュラー音楽と資本主義 増補

ポピュラー音楽と資本主義 増補

  • 毛利嘉孝/著 毛利 嘉孝
    1963年長崎県生まれ。東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科准教授。京都大学経済学部卒。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジPh.D.(社会学)。専門は社会学・文化研究。特に音楽や現代美術、メディアなど現代文化と都市空間の編成や社会運動をテーマに批評活動を行う。Inter‐Asia Cultural Studies Journal(Routledge)編集委員、北九州国際ビエンナーレディレクターなどもつとめる

  • ISBN
    978-4-7967-0309-3
  • 発売日
    2012年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • マルクスやアドルノの古典や近年の社会学、文化研究の議論を手がかりに、ポピュラー音楽の歴史的発展と資本主義とのスリリングな関係を解明する。デジタルメディア環境からDiY文化やアイドル文化まで最近の変容を描いた新たな章を書き加えたポピュラー音楽研究の必読入門書。
目次
1 ポピュラー音楽と資本主義
2 ロックの時代の終焉とポピュラー音楽の産業化
3 ポップの戦術―ポストモダンの時代のポピュラー音楽
4 人種と音楽と資本主義
5 「Jポップ」の時代
6 「ポスト・Jポップ」の風景
7 ムシカ・プラクティカ―実践する音楽

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
版数 増補

ページの先頭へ

閉じる

  • ポピュラー音楽と資本主義 増補
  • ポピュラー音楽と資本主義 増補

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中