ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすすめ

  • 乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすすめ

乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすすめ

  • 幕内秀夫/著 幕内 秀夫
    1953年、茨城県生まれ。管理栄養士。フーズ&ヘルス研究所主宰。東京農業大学栄養学科卒業。1979年に山梨県の長寿村・棡原を知り、伝統食と民間食養法の研究をはじめる。食べ物の栄養素を分析するだけの既存の栄養学に疑問を抱き、その土地ならではの食文化を生み出した風土、文化、歴史などを調査し、「FOODは風土」を実感、提唱する。帯津三敬病院をはじめ医療機関で約30年にわたって食事相談を行う。全国各地の社員食堂や学校給食の改善活動にも奔走中

  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-901841-96-2
  • 発売日
    2012年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本人の食生活に警鐘を鳴らす1冊
    女性のガンの中で患者数がもっとも多い「乳ガン」。現在、日本では約16人にひとりの女性が乳ガンを経験するといわれていいます。“食”のスペシャリストで管理栄養士の幕内秀夫氏いわく、「乳ガンほど食事の影響が大きい病気はない」。食の欧米化が進んだ結果、乳がん患者の8割以上が朝ごはんにパンを食べているという。
目次
序章 「16人にひとり」は乳がんになる時代(「わたしはだいじょうぶ」と思っていませんか?
乳がん患者は「圧倒的に欧米に多い」 ほか)
第1章 乳がんになる最大の原因は「食生活」にある(乳がん検診は「発見」であって「予防」ではない!
「余命1ケ月の花嫁」キャンペーンは、乳がんの死亡率を減らせるのか? ほか)
第2章 乳がん患者の食生活に共通する「5つの特徴」(朝に「パン」をよく食べる
「ごはん」は1日、茶碗1杯程度 ほか)
第3章 「乳がんに負けないからだ」をつくるための食事(病院で行われる「あいまいな食事指導」
誰もが実践すべき「共通の原則」 ほか)
第4章 「食べる」ことに快楽を見いだす女性たち(女性たちは、「食」と「性」を「てんびん」にかけている
ホルモンバランスの乱れは、「ストレス」の影響が大きい ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすすめ
  • 乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすすめ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中