ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アイスマン 史上最大のサイバー犯罪はいかに行なわれたか

  • アイスマン 史上最大のサイバー犯罪はいかに行なわれたか

ポイント倍率

アイスマン 史上最大のサイバー犯罪はいかに行なわれたか

  • ケビン・ポールセン/著 島村浩子/訳 ポールセン,ケビン(Poulsen,Kevin)
    1965年、カリフォルニア州生まれ。サイバーセキュリティ・ジャーナリスト。「Dark Dante」の名で90年代に活躍した世界的ハッカー。ロサンゼルスのラジオ局が主催した、ポルシェが当たる聴取者プレゼントを確実に当てるため、同局のホットラインを全てハックしたという逸話をもつ。91年に逮捕され、94年に有罪判決を受けた。服役後、ジャーナリストとしての道を歩み始め、現在は『WIRED.COM』のニュースエディターで『WIRED』誌に寄稿

    島村 浩子
    1965年、東京都生まれ。津田塾大学学芸学部英文学科卒業

  • ページ数
    311p
  • ISBN
    978-4-396-65048-3
  • 発売日
    2012年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2007年9月、クレジットカード詐欺の帝王“アイスマン”が逮捕された。本名はマックス・バトラー(当時35歳)。彼はセキュリティの甘いWi‐Fiネットワークを悪用してコンピュータをハッキングし、200万件ものカード番号を盗み出した。そして偽造カードを作り、キャッシャー(手下)に買い物をさせ、ネットオークションで売りさばいた。また、「ダンプ」と呼ばれるカード情報をウェブサイトで“同業者”たちに売った。これにより金融機関が受けた損害額は推定8600万ドル(当時のレートで約100億円)にのぼる。アイスマンには2010年、サイバー犯罪史上最も重い懲役13年の刑が下された。しかし彼は、ハッキングでFBIに協力するという“善玉”の顔も持っていた―。自らも逮捕歴のある元ハッカーのジャーナリストが、謎に包まれていた“帝王・アイスマン”の実像を明らかにする。
目次

凶器
サンフランシスコへ
ホワイトハット
サイバー戦争
犯罪が恋しい
マックス・ヴィジョン
ようこそアメリカへ
好機
犯罪のパートナー
カード情報は一件二〇ドル
アメックスを無料で!
カード偽造工場
手入れ
不正現金引き出し
ファーヤーウォール作戦
ピザとクレジットカード
ブリーフィング
アイスマンの誕生
スターライトルーム
詐欺師に飛び込め

アングラーフィッシュ
暴露
敵対的合併
財布の中身は?
第一次ウェブ戦争
カード詐欺師たちによる裁判
プラチナ一枚、クラシック六枚
ライバル
自供
逮捕
退場作戦
ダークマーケット
量刑言い渡し
その後

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:KINGPIN
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アイスマン 史上最大のサイバー犯罪はいかに行なわれたか
  • アイスマン 史上最大のサイバー犯罪はいかに行なわれたか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中