ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 西郷の貌 新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史

  • 西郷の貌 新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史

西郷の貌 新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史

  • 加治将一/著 加治 将一
    1948年、札幌市生まれ。米国でビジネスを手がけ、帰国後、執筆活動に入る。明治維新の裏面を描き、坂本龍馬暗殺犯を特定した『あやつられた龍馬』(文庫版は『龍馬の黒幕』と改題)など、歴史のタブーを破りつづける

  • ページ数
    368p
  • ISBN
    978-4-396-61413-3
  • 発売日
    2012年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 歴史作家・望月真司は、一枚の古写真に瞠目した。「鳥津公」とされる人物を中心に、総勢一三人の侍がレンズを見据えている。そして、その中でひときわ目立つ大男…かつて望月が「フルベッキ写真」で西郷隆盛に比定した侍に酷似していたからだ。この男は、若き日の西郷なのか?坂本龍馬や勝海舟らと違い、西郷を写した写真は現存しない、とされている。よく知られた西郷の肖像は、彼の死後、外国人が描いたものだ。「一三人撮り」の大男が西郷だとしたら、この写真はいつ、何のために撮られたのか。謎を解明すべく、望月は鹿児島へ飛んだ。明治維新の中心人物たちと「南朝」を結ぶ糸、西郷と公家の関係、武器商人・グラバーの影…望月は、次々と驚愕の事実に直面する。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 西郷の貌 新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史
  • 西郷の貌 新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中