ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 急性期病院の終末期ケアと看取り 患者・家族の心をささえる 日々の実践を深める

  • 急性期病院の終末期ケアと看取り 患者・家族の心をささえる 日々の実践を深める

急性期病院の終末期ケアと看取り 患者・家族の心をささえる 日々の実践を深める

  • ページ数
    151p
  • ISBN
    978-4-8058-3603-3
  • 発売日
    2012年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、急性期病院の看護師が、死を避けられない患者やその家族に対して何ができるか、またどのような点への気付きが求められているかを、事例を通じて考えていくものである。ホスピスではない急性期病院で、死に直面する患者・家族を支える看護師すべてに必携の書。
目次
1 急性期病院での看取りと看護の役割(急性期病院での終末期医療の実際
終末期ケアの実践
死亡前後のケアと家族ケア
終末期ケアに取り組む看護師への支援)
2 死が避けられない患者への看護の実際(生きることを支えるケア
一般病床の環境づくり
在宅療養への移行の支援と地域連携)
3 状況に応じた看取りの看護とその実践(救急医療現場での看取り
急性・重症患者看護領域における看取り
進行がん患者の看取り
子どもの看取りとケア
外来での療養を支えるケア
HIV感染症患者・AIDS患者のケア
終末期ケアにおけるリエゾンナースの役割)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 急性期病院の終末期ケアと看取り 患者・家族の心をささえる 日々の実践を深める
  • 急性期病院の終末期ケアと看取り 患者・家族の心をささえる 日々の実践を深める

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中