ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門
  • なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門

  • なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門
  • なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門

なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門

  • 岡田斗司夫/著 福井健策/著 岡田 斗司夫
    1958年、大阪市生まれ。アニメ会社ガイナックス設立後、東京大学やマサチューセッツ工科大学の講師を経て、大阪芸術大学客員教授。2010年に社員が給料を払うユニークなオタキングexを設立

    福井 健策
    弁護士・ニューヨーク州弁護士。1991年、東京大学法学部卒業。現在、骨董通り法律事務所For the Artsパートナー、日本大学芸術学部客員教授。専門分野は芸術文化法、著作権法

  • ISBN
    978-4-484-11224-4
  • 発売日
    2011年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,540

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 著作権って何?自分で本を自炊すると著作権違反になるの?本書を読めばデジタル時代の著作権との向き合い方が見えてくる。
目次
01 電子書籍の自炊から著作権を考える(電子書籍の自炊はいけないこと?
家族が1万人いたら、自由に「私的複製してもいい?」 ほか)
02 著作権は敵か、味方か?(意外に新しい著作権という考え方
プラトンとアリストテレスとダイエット ほか)
03 コンテンツホルダーとプラットフォームの戦い(著作権がないと社会はつまらなくなる?
日本はコンテンツ輸入国だ ほか)
04 クリエイターという職業(野球でメシは食えない
プロとして食えるのは日本で1000人 ほか)
05 ネットの中に国家を作り上げる(全メディアアーカイブ構想とは?
オプトアウトで大量のコンテンツを集める ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中