ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ひきこもりと大学生 和歌山大学ひきこもり回復支援プログラムの実践

  • ひきこもりと大学生 和歌山大学ひきこもり回復支援プログラムの実践

ひきこもりと大学生 和歌山大学ひきこもり回復支援プログラムの実践

  • 宮西照夫/著 宮西 照夫
    和歌山大学保健管理センター所長・教授。博士(医学)。1948年和歌山県日高郡美浜町生まれ。1973年和歌山県立医科大学卒業。精神医学専攻。主な研究テーマは、若者と麻薬、PTSD、社会的ひきこもりに関する研究。1982年よりスチューデント・アパシーや社会的ひきこもりの実践研究を続ける。2002年より和歌山大学ひきこもり回復支援プロジェクトを開始

  • ページ数
    200p
  • ISBN
    978-4-7614-0742-1
  • 発売日
    2011年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 行き詰まった家族には,ひきこもり経験者が入り,空気を変えることが必要であると説く著者が,ひきこもる若者と30年間向き合いながら開発したプログラムを詳細に解説。(特別支援教育図書総目録より)
目次
序 現在の若者の苦悩の一表現形式としてのひきこもり
第1章 ひきこもる若者
第2章 苦悩するひきこもり
第3章 優等生のひきこもり
第4章 ひきこもりと精神症状
第5章 ひきこもりの原因
第6章 和歌山大学ひきこもり回復支援プログラム
第7章 インターネットとひきこもり
第8章 なぜ、日本の若者はひきこもるのか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ひきこもりと大学生 和歌山大学ひきこもり回復支援プログラムの実践
  • ひきこもりと大学生 和歌山大学ひきこもり回復支援プログラムの実践

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中