ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • がんと人生 国立がんセンター元総長、半生を語る

  • がんと人生 国立がんセンター元総長、半生を語る

がんと人生 国立がんセンター元総長、半生を語る

  • 垣添忠生/著 垣添 忠生
    1941年(昭和16年)大阪府に生まれる。67年東京大学医学部卒業。都立豊島病院、同大学医学部泌尿器科助手などを経て、75年より国立がんセンター病院に勤務。同センターの手術部長、病院長、中央病院長などを務め、2002年総長に就任。07年に退職し、名誉総長となる。公益財団法人日本対がん協会会長、財団法人がん研究振興財団理事

  • ページ数
    223p
  • ISBN
    978-4-12-004309-3
  • 発売日
    2011年12月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 医師として、がん経験者として、愛する妻をがんで亡くした者として、がん医療の第一人者がみずからの来し方とこの国への希望を綴る。
目次
第1部 がんと人生(私の診療観
患者さんのこと
避けられる不幸
がん経験者
病気になっても安心な国
国立がんセンターに働く人々
旧棟と新棟
臨床研究
トロント留学
研究所時代 ほか)
第2部 時代の証言者

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • がんと人生 国立がんセンター元総長、半生を語る
  • がんと人生 国立がんセンター元総長、半生を語る

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中