ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 南相馬10日間の救命医療 津波・原発災害と闘った医師の記録

  • 南相馬10日間の救命医療 津波・原発災害と闘った医師の記録

南相馬10日間の救命医療 津波・原発災害と闘った医師の記録

  • 太田圭祐/著 太田 圭祐
    2006年3月愛媛大学医学部卒業、同年4月刈谷豊田総合病院研修医。2008年4月社会保険中京病院救命救急科、脳神経外科レジデント。2010年7月南相馬市立総合病院脳神経外科医師、リハビリ科医師。2011年4月名古屋大学附属病院脳神経外科医員、名古屋大学大学院生。2011年11月磐田市立総合病院脳神経外科医師。所属学会は、日本救急医学会、日本集中治療医学会、日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳神経血管内治療学会など

  • ページ数
    197p
  • ISBN
    978-4-7887-1169-3
  • 発売日
    2011年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 3.11の東日本大震災で、地震、津波に加えて原発事故に襲われた南相馬。放射能の恐怖のなか、「安全」と「危険」の境界線で生命を救い、地域医療を守るために闘った医師と病院の苦闘と軌跡。
目次
第1章 3.11―激震
第2章 3.12―原発、新たな被災
第3章 3.14―「被曝地区」南相馬
第4章 3.17―20~30キロ圏内の孤立
第5章 3.29―再び南相馬へ
附章 東日本大震災と原発災害における南相馬の医療

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 南相馬10日間の救命医療 津波・原発災害と闘った医師の記録
  • 南相馬10日間の救命医療 津波・原発災害と闘った医師の記録

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中