ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 羊の木 1

  • 羊の木 1

羊の木 1

  • シリーズ名
    イブニングKC 383
  • ページ数
    196p
  • ISBN
    978-4-06-352383-6
  • 発売日
    2011年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

648 (税込:700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 罪人(つみびと)。
    ギャグ漫画の巨匠2人が奏でる「不安」「願望」そして「笑い」の先にある物語!

    とある日本の地方都市。かつては海上交易で栄えた港町。名を魚深市という。その町が、犯罪を犯し刑期を終えた元受刑者を地方都市へ移住させる政府の極秘プロジェクトの試行都市となる。市長・鳥原秀太郎は一般市民には何も知らせずに元受刑者の過去を隠し転入させるというこの更生促進事業を受け入れた。このプロジェクトの全容を知るのは市長とその友人月末、大塚の3人のみ。移住するは、凶悪犯罪を犯した11人の元受刑者。はたして、このプロジェクトの行方は!?

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル イブニングKC
サイズ 19cm
対象年齢 一般

作り手の思い

・凶悪犯の社会復帰を目指すために11人を受け入れる過疎化した地方都市…。犯罪は環境が起こさせるものなのか、それとも犯罪者自身の内に秘められた何かがさせるものなのか、そんな二つの仮説の間を行ったり来たりしながら読んだ。日常生活の中でじっくりと描かれていくのかと思いきや、のろろ祭りという奇祭が絡んでくることになる。読後感は決して良くないけれど、ああ、次巻どうなるんだ…。

ページの先頭へ

閉じる

  • 羊の木 1
  • 羊の木 1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中