ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 建築家を志す若き諸君へ ある老建築家がたどった「わが時代、わが人生」

  • 建築家を志す若き諸君へ ある老建築家がたどった「わが時代、わが人生」

建築家を志す若き諸君へ ある老建築家がたどった「わが時代、わが人生」

  • 毛利武信/著 毛利 武信
    日本建築家協会会員。日本医療福祉建築協会会員。日本建築学会会員。逗子ロータリークラブ会員。1925年(大正14年)東京生まれ。1949年東京美術学校(現・東京芸術大学)建築科卒業。1950年アメリカ軍政部協会留学生試験に合格し、1953年までオクラホマ大学建築学部に留学、Bruce Goff教授に師事。1953年東京芸術大学建築科吉田五十八教授の研究室助手。1955年一級建築士登録。1957年株式会社毛利建築設計事務所を設立

  • ページ数
    187p
  • ISBN
    978-4-07-281418-5
  • 発売日
    2011年12月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 86才、いまだ現役で活躍する建築家・毛利武信氏の書き下ろし回想記。自らの来し方を「何と幸運だったことか」と語る。建築家を志す全ての若者が参考にしたい一冊。
目次
第1章 戦争に突入―平和で温かかった家庭が、ある日、突然に…
第2章 戦いは終わった―父の一言が建築家としての光を私に与えてくれた
第3章 留学なんてできるの?―食糧難の時代、それでもアメリカに憧れていた
第4章 建築設計事務所設立―自分の夢を追って無謀とも言える独立を果たす
第5章 関東学院大学で教鞭をとる―幸運が幸運を呼び、このうえなく充実していた
第6章 国際協力事業団(現・国際協力機構JICA)を知る―小さな設計事務所に訪れた大きな使命
第7章 多摩美術大学教授となる―走り続けてきた建築家がふと原点にもどったとき
第8章 発展途上国への援助―今こそ日本人が世界に手を差し伸べる時だ
あとがき―若き建築家諸君よ、もっと世界に目を向けよう

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 建築家を志す若き諸君へ ある老建築家がたどった「わが時代、わが人生」
  • 建築家を志す若き諸君へ ある老建築家がたどった「わが時代、わが人生」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中