ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 完璧すぎる日本人 (対訳ニッポン双書)

  • 完璧すぎる日本人 (対訳ニッポン双書)

完璧すぎる日本人 (対訳ニッポン双書)

  • 山久瀬洋二/著 マイク・マニーア/監修 マイケル・ブレイズ/訳 山久瀬 洋二
    1955年大分県生まれ。日本の大手出版社のニューヨーク駐在員を経て独立。同地にメディアエージェントおよびコンサルティングファームを設立。以降アメリカの異文化ビジネスに関するコンサルティングファームであるクラーク・コンサルティング・グループなどのシニアコンサルタントとして注目を浴びる。日本や欧米の100社近くに及ぶグローバル企業での人事管理、人材開発を中心としたコンサルティング活動を展開。特に異文化環境でのプロジェクト進行などをテーマにした様々なジョイントプロジェクトの立ち上げに関わる

    マニーア,マイク(Mania,Mike)
    アメリカの異文化ビジネス・コンサルティング界の泰斗

    ブレイズ,マイケル(Brase,Michael)
    日本の大手出版社に編集者として30年以上にわたって勤務。独立後は、フリーの翻訳者・編集者として活躍

  • シリーズ名
    対訳ニッポン双書
  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-7946-0105-6
  • 発売日
    2011年10月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「トヨタのリコール問題」を例にとりながら、異文化環境でのビジネスの困難さを浮き彫りにし、日本と世界との仕事の進め方に対する価値観の違いを紐解く。
    もうこれ以上「曖昧な日本人」と言われないために! 日英対訳「対訳ニッポン双書」新作!
目次
第1章 きちんと、完璧を好む日本人
第2章 オレゴントレイルと東海道五十三次
第3章 権限委譲への誤解
第4章 ストレートにものを言えない日本人
第5章 インディビデュアル・イニシアティブ
終章 異文化は一枚のコイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

なぜ日本人は世界中で「扱いにくい」と評価されてしまうのか?なぜ、韓国や中国にビジネスを奪われてしまっているのか?「トヨタのリコール問題」を例にとりながら、異文化環境でのビジネスの困難さを浮き彫りにし、日本と世界との仕事の進め方に対する価値観の違いを紐解く。もうこれ以上「曖昧な日本人」と言われないために。

ページの先頭へ

閉じる

  • 完璧すぎる日本人 (対訳ニッポン双書)
  • 完璧すぎる日本人 (対訳ニッポン双書)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中