ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ニグロとして生きる エメ・セゼールとの対話

  • ニグロとして生きる エメ・セゼールとの対話

ニグロとして生きる エメ・セゼールとの対話

  • エメ・セゼール/著 フランソワーズ・ヴェルジェス/著 立花英裕/訳 中村隆之/訳 セゼール,エメ(C´esaire,Aim´e)
    1913‐2008。フランス領マルティニック島の詩人、政治家。フランス語圏黒人運動の草分け的存在。ネグリチュードの代表的詩人。マルティニック県選出国会議員、フォール=ド=フランス市長として長らくマルティニック政界を主導

    ヴェルジェス,フランソワーズ(Verg`es,Francoise)
    1952‐。インド洋のフランス領レユニオン島出身の政治学者(パリ生まれ)。ロンドン大学教授。2009年より「奴隷制の記憶と歴史のための委員会」委員長

    立花 英裕
    1949年生まれ。フランス語圏文学専攻、早稲田大学教授

    中村 隆之
    1975年生まれ。東京外国語大学大学院総合国際学研究院リサーチ・フェロー、フランス社会科学高等研究院客員研究員。専攻はフランス語圏文学

  • シリーズ名
    サピエンティア 21
  • ISBN
    978-4-588-60321-1
  • 発売日
    2011年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,860

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • フランス語圏黒人運動の草分け的存在で、詩人にして政治家だった著者が西欧植民地主義の功罪や、真のヒューマニズムとは何かを問う。
目次
エメ・セゼールは語る
対談を終えて―エメ・セゼール小論
文化と植民地支配

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:NEGRE JE SUIS,NEGRE JE RESTERAI
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ニグロとして生きる エメ・セゼールとの対話
  • ニグロとして生きる エメ・セゼールとの対話

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中