ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 岡本太郎vs柿沼康二TRANCE-MISSION

  • 岡本太郎vs柿沼康二TRANCE-MISSION

岡本太郎vs柿沼康二TRANCE-MISSION

  • 岡本太郎/文 柿沼康二/書 平野暁臣/編 岡本 太郎
    芸術家/思想家。1911~1996年。父は漫画家一平、母は歌人・小説家かの子。29年東京美術学校(現・東京芸大)入学後パリに留学。抽象芸術運動に参加したのち、シュルレアリストのブルトン、思想家バタイユ、民族学者モースらと親交を結ぶが、40年ドイツ軍のフランス侵攻にともない帰国。42年召集され中国戦線へ。46年収容所から復員。47年二科会会員に推挙され、48年花田清輝らと夜の会を結成、以降戦後の前衛美術運動を牽引。絵画だけでなくモニュメントはじめ立体作品も多数制作し、書も多く揮毫

    柿沼 康二
    書家/アーティスト。1970年栃木県矢板市生まれ。5歳より筆を持ち、柿沼翠流(父)、手島右卿、上松一條に師事。東京学芸大学教育学部芸術科(書道)卒業、2006‐07年米・プリンストン大学特別研究員(客員書家)。第1回矢板市市民栄誉賞、第4回手島右卿賞、第6回国井誠海賞、独立書人団50周年記念賞大作賞、毎日書道展毎日賞(2回)など受賞歴多数。NYメトロポリタン美術館、ワシントンDCケネディーセンター、フィラデルフィア美術館、FIFAクラブワールドカップ、NIKE HARAJUKUオープニングインスタレーション等国内外で活発な作品発表やパフォーマンスを披露

    平野 暁臣
    空間メディアプロデューサー/岡本太郎記念館館長。1959年生まれ。岡本太郎が創設した現代芸術研究所を主宰し、イベントやミュージアムなど“空間メデイア”の領域で多彩なプロデュース活動を行う。2005年岡本太郎記念館館長に就任。「明日の神話」再生プロジェクトに続き、岡本太郎生誕100年記念事業のゼネラルプロデューサーを務める

  • ISBN
    978-4-544-20025-6
  • 発売日
    2011年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 岡本太郎の言霊が
    書家・柿沼康二に憑依した!

    ダイナミックかつエネルギッシュな作品群で、既存の書道ファンの枠を超えて注目される書家、柿沼康二。その彼がリスペクトしてやまない岡本太郎の言葉を「書く!」。活字による太郎の言葉と柿沼康二が揮毫した書を交互に展開。
目次
第1章 グレブナー基底の伊呂波 (日比孝之)
第2章 数学ソフトウェア受身稽古 (濱田龍義)
第3章 グレブナー基底の計算法 (野呂正行)
第4章 マルコフ基底と実験計画法 (青木 敏・竹村彰通)
第5章 凸多面体とグレブナー基底 (大杉英史)
第6章 微分作用素環のグレブナー基底とその応用 (高山信毅)
第7章 例題と解答 (中山洋将・西山絢太)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 岡本太郎vs柿沼康二TRANCE-MISSION
  • 岡本太郎vs柿沼康二TRANCE-MISSION

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中