ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 個人美術館の愉しみ

  • 個人美術館の愉しみ

ポイント倍率

個人美術館の愉しみ

  • 赤瀬川原平/著 赤瀬川 原平
    1937年神奈川県生まれ。画家、作家。武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)中退。60年代、前衛芸術家として活動。70年代、独自の批評を盛り込んだイラストレーターとして活躍。81年、「尾辻克彦」名義の『父が消えた』で芥川賞を受賞。86年、藤森照信、南伸坊らと「路上観察学会」を結成

  • シリーズ名
    光文社新書 546
  • ISBN
    978-4-334-03649-2
  • 発売日
    2011年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「個人美術館の面白さはコレクターの熱情を見ることにもある」赤瀬川原平さんが、そんな日本全国にある47の個人美術館を紹介。
目次
足立美術館―田んぼの町に隠れた日本庭園(島根県安来市)
大田区立龍子記念館―筆力旺盛に舌を巻く(東京都大田区)
かみや美術館―岡の上の静寂美術館(愛知県半田市)
何必館・京都現代美術館―品格の内に宿した狂熱(京都府京都市)
浜松市秋野不矩美術館―丘の上の岩絵の具の砦(静岡県浜松市)
植田正治写真美術館―田んぼの中の写真館(鳥取県伯耆町)
小平市平櫛田中彫刻美術館―どこまでも探求する彫刻家(東京都小平市)
細見美術館―古典の魅力を今に繋げる(京都府京都市)
徳川美術館―“新品同様”の揃う宝庫(愛知県名古屋市)
真鶴町立中川一政美術館―風景の現場がアトリエだった(神奈川県真鶴町)〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 個人美術館の愉しみ
  • 個人美術館の愉しみ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中