ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 魯迅とトロツキー 中国における『文学と革命』

  • 魯迅とトロツキー 中国における『文学と革命』

魯迅とトロツキー 中国における『文学と革命』

  • 長堀祐造/著 長堀 祐造
    1955年埼玉県生まれ。東京大学文学部卒業、早稲田大学大学院博士課程中退。現在、慶應義塾大学教授。専攻、中国近現代文学

  • ページ数
    470p
  • ISBN
    978-4-582-48218-8
  • 発売日
    2011年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 中国共産党により革命聖人と漢奸に引き裂かれた魯迅とトロツキーの結びつきを実証的に研究。(歴史図書総目録より)
目次
第1部 魯迅におけるトロツキー文芸理論の受容(魯迅「革命人」の成立
魯迅革命文学論とトロツキー著『文学と革命』
魯迅におけるトロツキー文芸理論の意義―同伴者魯迅
一九二八~一九三二年期の魯迅のトロツキー観と革命文学論
魯迅におけるトロツキー観の転回試論―魯迅と瞿秋白
『文学と革命』中国語訳の諸問題)
第2部 「トロツキー派に答える手紙」をめぐる諸問題(「トロツキー派に答える手紙」をめぐる諸問題)
第3部 毛沢東文芸路線とトロツキー文芸理論(毛沢東「文芸講話」とレーニン「党の組織と党の文学」翻訳問題―延安整風と王実味
魯迅と富田事変―毛沢東のAB団粛清と魯迅の不安
永久革命者の悲哀―「もし魯迅が生きていたら」論争覚書)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 魯迅とトロツキー 中国における『文学と革命』
  • 魯迅とトロツキー 中国における『文学と革命』

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中