ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 夢うばわれても 拉致と人生

  • 夢うばわれても 拉致と人生

ポイント倍率

夢うばわれても 拉致と人生

  • 蓮池薫/著 蓮池 薫
    1957年新潟県生まれ。新潟産業大学専任講師。翻訳家。中央大学法学部3年在学中の夏、新潟県柏崎市の実家に帰省していた時、「拉致」という国家による犯罪に巻き込まれ、北朝鮮で24年間、自由を奪われた生活を余儀なくされた。2002年に帰国後は、中央大学に復学。2005年、初の翻訳書『孤将』(新潮社)を刊行。2008年3月、大学を卒業。現在、翻訳、大学専任講師と、多忙を極める生活をしている

  • シリーズ名
    100年インタビュー
  • ページ数
    123p
  • ISBN
    978-4-569-78193-8
  • 発売日
    2011年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,100 (税込:1,188

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いまだ解決しない拉致問題。9年前に帰国した著者が、想像を絶する困難の連続だった24年間の北朝鮮での経験と帰国後の生活を語る。
目次
第1章 故郷・柏崎にて(故郷で暮らすいま
著作へかける思い
半島への旅の理由
韓国で見つめたもの
反日教育のその裏側で
韓国人の国民性
洞察力の陰に)
第2章 拉致の記憶(大学三年生の夏休みに
抵抗とあきらめ
家族の支え
生活の実態は…
唐辛子、大豆は貴重な食材
寒さをしのぐl望郷の念)
第3章 二十四年ぶりの祖国で(二十四年ぶりの「一時帰国」
うれしい再会と、苦悩
故郷での再出発
翻訳家として生きる
翻訳のプロとして
自由であること:生きるとは
拉致問題への思い
自分の視点で、半島と日本をつねいでいく)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 夢うばわれても 拉致と人生
  • 夢うばわれても 拉致と人生

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中