ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 開国と英和辞書 評伝・堀達之助

  • 開国と英和辞書 評伝・堀達之助

ポイント倍率

開国と英和辞書 評伝・堀達之助

  • ページ数
    399p 図版12p
  • ISBN
    978-4-89629-237-4
  • 発売日
    2011年09月

6,000 (税込:6,480

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 幕末ペリーの黒船と交渉し、英和辞書をつくり、「開国」を経験した男の波乱に満ちた生涯。作家吉村昭が書いた歴史小説『黒船』の主人公堀達之助の傑作評伝。
    ◎ 幕末の嘉永6年(1853)、ペリーの黒船来航の時に「I can speak Dutch」と第一声を発し、英語の通訳として活躍、さらに日本初の本格的な英和辞書『英和対訳袖珍辞書』を誕生させた、幕府蘭・英通詞の堀達之助(1823~94)の傑作評伝。
    ◎ 幕末に国家の最前線で異文化接触した驚愕の開国経験と苦難の生涯。その人生を丁寧に辿りながら、壮大なスケールで日本の近代の意味をも問いかける。本書は、一幕臣の生涯を、「開国経験」の思想史というスタイルで描ききった大作である。
    ◎ 国家の急務として西洋語を翻訳して出来た近代日本語が、明治の近代社会を形づくっていくことになる。未知の言語である英語と格闘しその出発点を創出した開成所の堀達之助たちの活躍とその意義を探る。
    ◎ 堀達之助の生き方に魅かれた作家吉村昭は、彼を主人公にした歴史小説『黒船』(中公文庫)を書く。このふたつの書物を読むことによって幕末維新の激動の時代を生き抜いた堀達之助の生涯にいっそうの理解が深まる。
    ◎ 前著『英学と堀達之助』(雄松堂出版、2001年)の姉妹版であり、弊社刊行の『解読「英和対訳袖珍辞書」原稿』(共編著)と揃えてください。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 開国と英和辞書 評伝・堀達之助
  • 開国と英和辞書 評伝・堀達之助

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中