ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • キラーと呼ばれた男 オーストラリア人エースパイロットの栄光と挫折

  • キラーと呼ばれた男 オーストラリア人エースパイロットの栄光と挫折

キラーと呼ばれた男 オーストラリア人エースパイロットの栄光と挫折

  • クリステン・アレキサンダー/著 マクマーン智子/訳 アレキサンダー,クリステン(Alexander,Kristen)
    オーストラリア、キャンベラ在住。オーストラリアの軍事史を専門に扱う古書店を夫とともに経営。オーストラリア軍事歴史協会委員会書記

    マクマーン 智子
    大阪大学文学部史学科卒。書籍・雑誌の編集者を経て、英国の公立図書館、パブリックスクールの司書として勤務。広報・広告関係及び書籍の翻訳を手掛ける

  • ページ数
    390p
  • ISBN
    978-4-86180-057-3
  • 発売日
    2011年09月

2,095 (税込:2,263

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • クライブ・コルドウェルは27.5機の公式撃墜記録を達成し、第二次世界大戦においてオーストラリア人戦闘機パイロットとして最高のスコアを記録した。さらにコルドウェルは中東と大西洋の二つの戦域においてエースの地位を得た―これはオーストラリア人パイロットとしては唯一の例となっている。本書は、コルドウェルの軍功を称えるものである。著者は、コルドウェルが新人戦闘機パイロットから航空団飛行隊長へと出世する経過を詳細に記すとともに、彼が闘った空中戦を細部にわたって再現している。さらに、バリー調査委員会と軍法会議に関しても前例のない考察が加えられている。
目次
新人戦闘機パイロット
シャドーシューティング(影撃ち)
戦闘機掃討と補給船団護衛
“クルセーダー”作戦
シャーク中隊
戦場を離れて
ダーウィン防衛
「全機が海に落ちた」日
オーストラリア最高のエース
失意の戦闘機パイロット
モロタイ島
バリー調査委員会
軍法会議、そして…

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:Clive Caldwell,Air Ace
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • キラーと呼ばれた男 オーストラリア人エースパイロットの栄光と挫折
  • キラーと呼ばれた男 オーストラリア人エースパイロットの栄光と挫折

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中