ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ラテラの樹 ラ・メール星物語

  • ラテラの樹 ラ・メール星物語

ラテラの樹 ラ・メール星物語

  • 倉橋燿子/作 久織ちまき/絵 倉橋 燿子
    広島県に生まれる。上智大学文学部卒業後、出版社に勤める。その後、フリーの編集者、コピーライターを経て、執筆活動をはじめる

    久織 ちまき
    新潟県生まれ。漫画家&イラストレーター。現在も月刊「ガンダムエース」、月刊「flowers」(小学館)などで活躍中

  • シリーズ名
    講談社青い鳥文庫 180-49
  • ISBN
    978-4-06-285244-9
  • 発売日
    2011年09月

720 (税込:792

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ラ・メール星グローブ国。人々に豊かさをもたらしていたミラクル・ツリーに異変が。父を失い、追われる身になった少女シルクは秘密の国、メリアへと向かう。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 18cm
対象年齢 小学56年生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

パセリ伝説も面白かったけど、その、パセリのきた惑星でのお話。姉妹編みたいなものですが今のところパセリとはかぶってないですね。ひねくれた兄に父を殺された妹シルクは五感の力を磨きにメリア国へ避難する。修行し、ツリーの意思を聞き、恨まず憎まず、敵を許して治療する姿には学ぶべきものがある気がします。3.11震災後に書いた作品なのですが、やはり人の命のはかなさや、自然の脅威について考えてしまう作品です。とてもいきおいがあって、面白く読めました。大人にもおすすめしたいです。そして続きを早く読ませて欲しいです。(えみりん12さん 30代・東京都新宿区 女の子3歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ラテラの樹 ラ・メール星物語
  • ラテラの樹 ラ・メール星物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中