ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ポライトネス 言語使用における、ある普遍現象
  • ポライトネス 言語使用における、ある普遍現象

  • ポライトネス 言語使用における、ある普遍現象
  • ポライトネス 言語使用における、ある普遍現象

ポライトネス 言語使用における、ある普遍現象

  • ペネロピ・ブラウン/著 スティーヴン・C・レヴィンソン/著 田中典子/監訳 斉藤早智子/訳 津留崎毅/訳 鶴田庸子/訳 日野壽憲/訳 山下早代子/訳 ブラウン,ペネロピ(Brown,Penelope)
    オランダのナイメーヘンにあるマックス・プランク心理言語学研究所の名誉上級研究員。1979年、カリフォルニア大学バークレー校でPh.D.取得(言語人類学)。長年にわたってメキシコ南部にあるツェルタル語を話すマヤのコミュニティで生活し、広い意味で言語と文化と認知との関係を扱う研究に取り組む。その範囲は、空間の言語と認知、会話構造と推論の文化比較、社会的相互作用の分類、子供の言語獲得と社会化など多岐にわたる

    レヴィンソン,スティーヴン・C.(Levinson,Stephen C.)
    マックス・プランク心理言語学研究所の研究部長、ナイメーヘンにあるラドバウド大学の比較言語学の教授でもある。1977年、カリフォルニア大学バークレー校でPh.D.取得後、長年にわたってケンブリッジ大学の言語学部で教鞭をとり、インド・オーストラリア、メキシコ、そしてパプア・ニューギニアのロッセル島などでフィールドワークを行う。現在の研究の焦点は、言語の多様性と、その多様性が人間の認知理論に対して持つ意味合いである

    田中 典子
    東京都生まれ。英国ランカスター大学大学院博士課程修了(言語学、Ph.D.)。現在、清泉女子大学教授

    斉藤 早智子
    岐阜県生まれ。早稲田大学英語英文学専攻科修了。米国ジョージタウン大学言語学部大学院TESL取得。明海大学大学院博士前期課程修了(応用言語学、MA)。現在、昭和女子大学非常勤講師。リーディングや英会話などの講座を担当

    津留崎 毅
    福岡県生まれ。青山学院大学大学院文学研究科修士課程修了(文学修士)。現在、明海大学外国語学部教授

    鶴田 庸子
    神奈川県生まれ。英国ルートン大学大学院博士課程修了(言語学、Ph.D.)。現在、一橋大学国際教育センター教授。外国人留学生への日本語教育を担当

    日野 壽憲
    宮崎県生まれ。法政大学大学院人文学研究科修士課程修了(文学修士)。現在、明海大学外国語学部教授。研究分野は、英国の少数民族事情

    山下 早代子
    東京都生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。テンプル大学大学院博士課程修了(応用言語学、教育学博士)。現在、明海大学教授

  • ページ数
    466p
  • ISBN
    978-4-327-37820-2
  • 発売日
    2011年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,000 (税込:5,400

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ポライトネス研究は、語用論、社会言語学、談話分析など、近年ますます注目されている言語研究の諸分野において、中核となるもののひとつである。本書は、そのポライトネスに関する代表的な研究書の翻訳であり、英語のみならず日本語を研究するうえでも大いに役立つことだろう。
目次
再刊のための序論 最近の研究の概観
1.00 序論
2.00 議論の要旨
3.00 論点:直観的根拠と派生的定義
4.00 モデルの性質について
5.00 言語におけるポライトネス・ストラテジーの現れ
6.00 派生的仮説
7.00 社会学的意味合い
8.00 言語研究への意味合い
9.00 結論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:Politeness

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中