ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 水の環境学 人との関わりから考える

  • 水の環境学 人との関わりから考える

水の環境学 人との関わりから考える

  • 清水裕之/編 檜山哲哉/編 河村則行/編 清水 裕之
    1952年生まれ。1983年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。現在、名古屋大学大学院環境学研究科教授、工学博士

    桧山 哲哉
    1967年生まれ。1995年筑波大学大学院地球科学研究科修了。現在、総合地球環境学研究所准教授、博士(理学)

    河村 則行
    1961年生まれ。1991年名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、名古屋大学大学院環境学研究科准教授

  • ISBN
    978-4-8158-0675-0
  • 発売日
    2011年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,500 (税込:4,860

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 二面性を持つ水を、自然から技術、そして社会へと、三領域を貫き体系的に把握する。(社会図書総目録より)
目次
第1部 自然的観点から(地球表層の水循環
水循環システムとしてのアジアモンスーンとその変動
東アジアの降水活動と特徴
沿岸域の水・物質循環
森林と水環境
地下水の脆弱性と持続可能性)
第2部 技術的観点から(治水・利水と河川生態系
水資源管理
農業と水循環システム
水循環を考慮した都市デザイン
水環境エコシステムの構築)
第3部 社会的観点から(水利と水災害の歴史
水利権と河川の管理
河川の公共性
これからの水環境政策)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 水の環境学 人との関わりから考える
  • 水の環境学 人との関わりから考える

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中