ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 権威の社会現象学 人はなぜ、権威を求めるのか

  • 権威の社会現象学 人はなぜ、権威を求めるのか

権威の社会現象学 人はなぜ、権威を求めるのか

  • 藤田哲司/著 藤田 哲司
    1966年1月13日、東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士(社会学)。早稲田大学、放送大学で権威論を教えつつ、要介護認定一級の親の介護をするという経験をへて、現在、武蔵大学教員。日本社会学理論学会会員

  • ISBN
    978-4-7989-0066-7
  • 発売日
    2011年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,900 (税込:5,292

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 権威を求め、受容者を集団化し、その長期持続を願う人類共有の心情は、ひいてはすでに虚妄と化した権威の固着化さえ生み出す。今回の東日本大震災に際し、政府、企業、学者らが露呈した、もはや幻想でしかないこの種の権威を我々は速やかに解体せねばならない。権威という現象をめぐって蓄積された知見を精細に分析・整理し、自発的受容と自立的判断放棄を迫る権威のメカニズムを的確に解明した本書は、そのため必須の武器となるだろう。
目次
序 本書のテーマと構成―自発的遵守と私的判断の放棄としての権威
第1章 権威の発生(1)―“authority”語源三要素とその継受
第2章 「権威」の発生(2)―定訳の権威の源流と成立をさぐって
第3章 局面配列としての権威―権威過程的接近
第4章 敬意対象としての権威―高齢要素重視へ向けて
第5章 3つの権威観―縦糸型権威から横糸型権威へ
第6章 私的判断放棄と現代社会―権威継続をもたらす縦糸的問題
第7章 敬意が排除を生み出すとき―権威継続をもたらす横糸的問題
結び―権威の動態的把握と高齢要素の現代的意義

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 権威の社会現象学 人はなぜ、権威を求めるのか
  • 権威の社会現象学 人はなぜ、権威を求めるのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中