ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本人は何を捨ててきたのか 思想家・鶴見俊輔の肉声

  • 日本人は何を捨ててきたのか 思想家・鶴見俊輔の肉声

日本人は何を捨ててきたのか 思想家・鶴見俊輔の肉声

  • 鶴見俊輔/著 関川夏央/著 鶴見 俊輔
    1922年東京生まれ。哲学者。15歳で渡米、ハーバード大学で哲学を学ぶ。アナキスト容疑で逮捕されるが、留置場で論文を書き上げ1942年卒業。同年日米交換船で帰国。1946年「思想の科学」を丸山眞男、都留重人らと創刊。1965年、「ベトナムに平和を!市民連合」を小田実、高畠通敏らと発足、社会運動にも携わる

    関川 夏央
    1949年新潟県生まれ。評論家。上智大学外国語学部中退。神戸女学院大学特別客員教授。1985年『海峡を越えたホームラン』で講談社ノンフィクション賞、1998年『「坊っちゃん」の時代』(谷口ジローとの共著)で手塚治虫文化賞、2001年『二葉亭四迷の明治四十一年』など明治以来の日本人の思想と行動原理を掘り下げた業績により司馬遼太郎賞、2003年『昭和が明るかった頃』で講談社エッセイ賞を受賞。『ソウルの練習問題』『「ただの人」の人生』『白樺たちの大正』『現代短歌そのこころみ』『汽車旅放浪記』『子規、最後の八年』など著書多数

  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-480-85797-2
  • 発売日
    2011年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明治になり「個人」よりも「組織」を重んじる様になった結果、何が起こったか?日本人が失った大切なものを見つめる対談集。
目次
第1章 日本人は何を捨ててきたのか(近代日本が見失ったもの(戦後日本の「近代化」について
戦中の自分を何が支えたか ほか)
戦後体験と転向研究(ドイツ語通訳として封鎖船に乗る
「この戦争は負ける」 ほか))
第2章 日本の退廃を止めるもの(変わらない日本人の心(「一番病」
劣等生を重んじる態度 ほか)
日本人の未来像(「庶民」とは何か
「知識人」への疑い ほか))

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本人は何を捨ててきたのか 思想家・鶴見俊輔の肉声
  • 日本人は何を捨ててきたのか 思想家・鶴見俊輔の肉声

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中