ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マッチョになりたい!?: 世紀末ハリウッド映画の男性イメージ

  • マッチョになりたい!?: 世紀末ハリウッド映画の男性イメージ

マッチョになりたい!?: 世紀末ハリウッド映画の男性イメージ

  • 國友万裕/著 國友 万裕
    1964年生まれ。同志社大学・龍谷大学・京都女子大学・京都外国語大学・京都外国語専門学校(英語)非常勤講師。専門は、アメリカ映画・文学・ジェンダー。所属学会:新英米文学会、日本映画学会、日本比較文化学会、日本ジェンダー学会

  • ページ数
    291p
  • ISBN
    978-4-7791-1647-6
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「男らしさ」ってなに?「マトリックス」「トゥルーマン・ショー」など、1990年代のハリウッド映画9本の男性の表象を読み解く。
目次
ポスト・フェミニズム時代の男性像
第1部 女は軍人、男はカウンセラー(マスキュリズムと男性差別―男性映画としての『G.I.ジェーン』
パワーに依存しない男性の創造―『グッド・ウィル・ハンティング』)
第2部 男を求める男たち(同性愛恐怖が引き起こした殺人劇―『アメリカン・ビューティー』
同一化の憧憬と同性愛的表象―『リプリー』
「男」になるためのイニシエーション―『ファイト・クラブ』
身体描写をとおして描くマチズモの挫折の物語―『アメリカン・ヒストリーX』)
第3部 見られる男、見つめる女(記号としての「男性裸身」とそれをめぐる視線―『ハート・オブ・ウーマン』を中心に
女性性の表出と女性性からの脱却―『トゥルーマン・ショー』
生殖なき時代のマスキュリニティ―『マトリックス』が描く男性表象)
九本の映画から見えてくるもの

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「男らしさ」とはなにか?
90年代のハリウッド映画に映し出されたのは、
「男」としてのアイデンティティに惑い、苦悩する姿― ―!?

「男性学」の視点で「マチズモ」の国・アメリカのハリウッド映画を読み解き、ポスト・フェミニズム時代の男性のアイデンティティ構築の難しさや、父性の喪失、同性愛といった問題がどのように表象されているのかを、ストーリーや構図、男性裸身(メイルボディ)の描かれ方を丹念に探ることで、浮かび上がらせる試み。
ハリウッド映画9作品から、現在の男性ジェンダーのありようが見えてくる!

ページの先頭へ

閉じる

  • マッチョになりたい!?: 世紀末ハリウッド映画の男性イメージ
  • マッチョになりたい!?: 世紀末ハリウッド映画の男性イメージ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中