ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • それでも私は生きぬいた ある男のエンディングノート

  • それでも私は生きぬいた ある男のエンディングノート

それでも私は生きぬいた ある男のエンディングノート

  • 長田渉/著 長田 渉
    大正15年(1926年)熊本県天草生まれ。昭和15年長崎市鎮西学院入学。昭和20年長崎市茂里町三菱兵器製作所学徒動員中被爆。昭和22年日本大学三島予科入学。昭和26年法学部法律学科肺結核のため休学。昭和31年同学科卒業。日本輸出入石油入社。昭和41年オリエンタルライン設立。昭和54年同社倒産。ゼンテック設立。平成21年会社譲渡

  • ページ数
    149p
  • ISBN
    978-4-88611-438-9
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 長崎で被爆、直腸がん、肺がん、脳腫瘍。結婚、離婚、再婚、離婚、再々婚。起業、倒産、再建、83歳まで現役社長。余命1年といわれた男の凄絶な9/10半生記。しかし、まだ1/10は残っている。
目次
1 少年時代(被爆のこと)
2 大学時代
3 日本輸出入石油時代
4 オリエンタルライン時代
5 ゼンテック創業と譲渡
6 学生時代の恩師
7 妻たちと子供たちのこと

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • それでも私は生きぬいた ある男のエンディングノート
  • それでも私は生きぬいた ある男のエンディングノート

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中