ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子の利益のための面会交流 フランス訪問権論の視点から

  • 子の利益のための面会交流 フランス訪問権論の視点から

子の利益のための面会交流 フランス訪問権論の視点から

  • 栗林佳代/著 栗林 佳代
    2001年大阪大学法学部卒業。2003年九州大学大学院法学府修士課程修了。2004‐2005年リヨン第3大学法学研究科・家族法研究所留学(日仏共同博士課程)。2006年九州大学大学院法学府博士課程単位取得退学。佐賀大学経済学部法政策講座講師。2007年佐賀大学経済学部法政策講座准教授(現職)。2009年博士号(法学、九州大学)

  • シリーズ名
    佐賀大学経済学会叢書 19
  • ISBN
    978-4-589-03354-3
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,600 (税込:6,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子の利益、福祉の視点から、日本の面接交渉権論を批判的に検討し、フランス法との比較考察を通して新たな解釈論、立法論を提示する。
目次
第1部 日本法(序論
父母の「面接交渉権」
子のための面会交流
「面接交渉権」の権利主体)
第2部 フランス法(序論
解釈上の訪問権―1970年の立法化以前
訪問権の立法的承認―1970年の法改正とその後
子の権利としての訪問権―2002年の法改正とその後)
フランス法まとめ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 子の利益のための面会交流 フランス訪問権論の視点から
  • 子の利益のための面会交流 フランス訪問権論の視点から

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中