ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大正宗教小説の流行 その背景と“いま”

  • 大正宗教小説の流行 その背景と“いま”

大正宗教小説の流行 その背景と“いま”

  • ISBN
    978-4-8460-1068-3
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大正期後半の親鸞ブームは“なぜ”起こったのか?倉田百三・武者小路実篤・賀川豊彦・加藤一夫・柳宗悦らの作品の検討を通して、大正期の宗教小説の流行を考察し、現代社会との重なりを指摘する。
目次
序 大正という時代(西田幾多郎の時代的役割―大正時代の生命主義に関するノート)
第1部 大正宗教小説の流行(倉田百三の登場
白樺派と宗教―武者小路実篤『耶蘇』の意味
「死線を越えて」の一考察
空前の親鸞ブーム粗描
“棄教”の文学―加藤一夫「見神」への挫折
美学的オリエンタリズムの帰趨―柳宗悦の朝鮮美術観をめぐって)
第2部 哲学・宗教・社会と現代(大正期のベルクソンの流行について
西田天香と大正思潮―『懺悔の生活』をめぐって
社会と宗教
イエスの方舟と芥川龍之介)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 大正宗教小説の流行 その背景と“いま”
  • 大正宗教小説の流行 その背景と“いま”

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中