ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 太陽を掴んだ男岡本太郎

  • 太陽を掴んだ男岡本太郎

太陽を掴んだ男岡本太郎

  • 柴橋伴夫/著 柴橋 伴夫
    1947年北海道生まれ。詩人・美術評論家。現在、荒井記念美術館理事、北海道美術ペンクラブ同人、「美術ペン」編集人、文化塾「サッポロ・アートラボ」代表

  • ページ数
    351p
  • ISBN
    978-4-89642-346-4
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 岡本太郎生誕100年!

    なぜ、芸術は爆発しなければならないのか
    人間として全的に生きるとは――
    一平、かの子の強烈な血、パリで磨かれ
    真正のアヴァンギャルドを日本に生んだ太陽の眷属太郎
    イサム・ノグチ、砂澤ビッキ等の評伝をものしてきた
    詩人・美術評論家の手による芸術革命家の相貌!
    参考図版約80点、本格的評伝

    「岡本太郎は、まだまだ『未知の大陸』の如しだ。知と美の探検隊の上陸を待っている。これまでトータルな評伝が一冊もないのが不思議だ。
     決して『過去の人』『追想の人』ではない。ライヴ感のある、そして未来性を秘めた『知の巨人』、孤独も絶望も呑み込みながら常に人間を信じ愛しつつ、『人間の再生』を目指した表現者であった」(本書「はじめに」より)
目次
母と子―「異形の家」
芸術の樹―パリ
思想の樹―ソルボンヌ校
曠野の風景
前衛の騎士
異端な兄弟―安吾と太郎
遊戯人太郎
辺境からの眼差し―縄文、東北、沖縄
「蒼と赤の臍」―メキシコ、韓国
七〇年大阪万博と太郎
平和への愛―“明日の神話”
不滅の愛

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 太陽を掴んだ男岡本太郎
  • 太陽を掴んだ男岡本太郎

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中